付箋感覚で気軽に名前を印せる「はる、しるし」で準グランプリを受賞した富岡啓祐さんに、アイデアの源やこだわりなど制作の背景についてうかがいました。

ずっしりとした重量感が押印という行為の重要性を感性に訴える「重さを示す印鑑」で、準グランプリを受賞した大沢拓也さんと須藤哲さんに、アイデアの源やこだわりなど制作の背景についてう
かがいました。